農家仲間のはなし


by p0k3zhjrio

<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 09年5月21日の裁判員制度開始初日に殺人未遂罪で起訴された被告の公判期日が1年を過ぎても決められない事態になっていることが分かった。千葉地裁の法廷で証言予定だった精神鑑定医が交通事故に遭い、別の医師による再鑑定を行っているためだが、公判延期後に被告の母親が被害者に脅迫文を送ったとして逮捕される事件が発生。被告の弁護人は「延期の影響は無視できない」と指摘している。【伊藤一郎】

 事件は09年2月、千葉県市川市の無職女性(30)が別れ話のもつれから交際相手だった30代の男性を自宅で包丁で刺してけがをさせたとされる。

 逮捕後の調べで「事件を起こしたのは別の人格」と多重人格を主張したため、千葉地検は精神鑑定を行い、完全責任能力があるとの結果を得て起訴した。

 公判前整理手続きで争点を「殺意の有無」と「責任能力の程度」に絞り、地裁は公判期日を10年1月25〜29日(判決期日)と指定。捜査段階で鑑定した男性医師の証人尋問も決めた。

 しかし、医師は1月2日に交通事故で大けがをし、地裁は公判期日を取り消して呼び出し状を送っていた裁判員候補者にも通知。医師の回復のめどが立たないため3月、別の医師による再鑑定を決めた。5月末ごろ終わる予定で、6月にも改めて公判期日が決まる見通しだが、初公判は秋以降になる見込み。

 ところが公判延期後の2月に被告の母親が被害者の男性に脅迫文を送ったとして、3月に逮捕、起訴され、有罪となった。

 被告の弁護人は「予定通り1月に公判があり、判決が言い渡されていれば、母親による予想外の事件はなかったかもしれない。裁判官だけの裁判なら責任能力以外の争点を先に審理できた。被告の身柄拘束が長引くうえ、証人となる被害者の記憶も薄れる。被告にとって酷な状態が続いている」と指摘する。

 裁判員制度の施行日には全国で4人が対象事件で起訴されたが、他の3人には既に1審判決が言い渡されている。

【関連ニュース】
<特集>裁判員裁判
裁判員制度:会見へ協力求める 新聞協会が文書公表
裁判員制度:「法廷技術向上、弁護士に必要」日弁連会長
裁判員制度:530人に判決、無期懲役は8人…開始1年
娘3人死傷:点滴の母に懲役10年 善悪判断の低下認定

「大阪を実験に使って」橋下知事、特区構想を力説(産経新聞)
<口蹄疫>家畜の埋却用地を宮崎県農業振興公社が買い取り(毎日新聞)
秋葉原 ホコ天7月にも復活(産経新聞)
トキ、4組目のつがいも繁殖失敗 (産経新聞)
郵政法案、「土日、夜中も審議」=今国会成立に意欲―亀井担当相(時事通信)
[PR]
by p0k3zhjrio | 2010-05-28 13:33
 桃山学院大学(大阪府和泉市)国際教養学部の英語の非常勤講師の男性(44)が、自身のホームページ(HP)上で、学校のリポートや宿題を有料で代行すると宣伝、学生の依頼を募っていたことが15日、分かった。
 同大は事実関係を把握し、講師に命じてHPの該当部分を削除。既に講師から事情を聴いており、今後の対応を検討している。
 講師によると、HPには「宿題をする時間のない方、リポート提出に追われている方、下記料金で代行します」などと記載。1課題当たり1500円で、2人以上や年10回以上の利用には割り引きもしていた。 

防衛相、県内移設方針を伝達=沖縄知事「しっかり説明を」−普天間(時事通信)
口蹄疫対策、支援に努力=東国原知事と会談−平野官房長官(時事通信)
医療従事者にも十分な普及啓発を―臓器移植・普及啓発作業班(医療介護CBニュース)
H2A 金星探査機「あかつき」搭載し発射場へ 種子島(毎日新聞)
採用半減、閣議決定先送り=国家公務員、一部府省から異論(時事通信)
[PR]
by p0k3zhjrio | 2010-05-19 17:26
 民主党の山岡賢次国対委員長は12日、「週刊新潮」に対する名誉棄損訴訟を打ち切る請求放棄を申し立てたことについて、「私は非常に忙しい。会期末だし、普天間の問題もあるし、選挙も近く、物理的な余裕がない。裁判を(活動の)メーンにしているわけにいかないということで、弁護士が(放棄を)判断した」と説明した。

 問題になっていた昨年の週刊新潮3月12月号の記事は、平成12年ごろに山岡氏が地元の栃木県真岡市の前市長に対し、市長選での支援の見返りに秘書給与の肩代わりを求めたとする内容。

【関連記事】
山岡氏が請求放棄 週刊新潮名誉棄損訴訟が終結
新潮社側は争う姿勢 前衆院議員・船田氏の名誉毀損訴訟
「週刊新潮」の記事問題で楽天の三木谷社長らと新潮社が和解
有栖川宮かたる詐欺事件 新潮社に慰謝料支払いを命じる 京都地裁判決
ミキティー記事で新潮社に賠償命令

東京高裁塀に赤ペンキ=母娘を確保−警視庁(時事通信)
カルテル疑惑でウソ申告、課徴金減免見送りへ(読売新聞)
新党の統一名簿に慎重 たちあがれ平沼氏(産経新聞)
横須賀の男性遺体、殺人と断定 捜査本部設置(産経新聞)
都道府県の超過負担、4割増の267億円―難病の医療費助成で(医療介護CBニュース)
[PR]
by p0k3zhjrio | 2010-05-12 14:18