農家仲間のはなし


by p0k3zhjrio

ハイチ大地震 緊急援助隊医療チーム 成田を出発(毎日新聞)

 ハイチの救援活動のため、日本政府が派遣する国際緊急援助隊医療チーム24人が16日夜、成田空港からチャーター機で出発した。また、日本赤十字社の近衞忠※社長(70)も同日、民間機で出発、後続の日赤医療チーム8人は17日に出発する。

【写真で見る被害の大きさ】ハイチ大地震の惨禍 死者20万人という説も

 国際緊急援助隊医療チームは外務省職員、医師、看護師ら。米マイアミまで飛び、訓練で米国に派遣されている航空自衛隊のC130輸送機に乗り換えて17日にもハイチ入りする。出発に先立つ結団式で、団長で外務省の二石昌人・地域調整官(58)は「一人でも多くの命を救えるよう、心をこめて従事したい」と述べた。

 近衛社長は「現地を見たうえで、国際的な救援体制を考えたい」と話した。

 一方、日赤医療チームで連絡調整などを担当する大阪府支部の森正尚救護係長(41)も伊丹(大阪)空港から羽田空港へ向かった。95年の阪神大震災で初めて緊急支援活動をした森さんは「徹夜で神戸市内を回ったあの日が原点。経験を生かしたい」と語った。【斎川瞳、田中龍士】

 ※火へんに「軍」

【関連ニュース】
<毎日新聞社会事業団>ハイチ大地震救援金受け付けています
<混乱する被災地>ハイチ大地震:食料略奪、囚人脱走も
<被災地の現状>ハイチ大地震:暗闇、余震……病院の庭で叫ぶ子供
◇独裁と混迷の歴史◇ハイチ大地震:最貧国を直撃…悪政のツケ 国民に
◇地震で困るのは◇トイレは大きな問題、阪神大震災を経験した本紙編集局次長が語る

<安保50年>米軍の抑止力強調 首相談話、普天間に触れず(毎日新聞)
慢性期病院の認定審査を開始―日慢協が4月から(医療介護CBニュース)
関電関連会社の派遣切り、200万円支払いで和解 大阪地裁(産経新聞)
バイエルの不整脈治療剤を承継―ホスピーラ・ジャパン(医療介護CBニュース)
振り込め詐欺 09年の被害、過去最少 それでも月8億円(毎日新聞)
[PR]
by p0k3zhjrio | 2010-01-23 08:22